直感力を磨く重要性

フリープログラマには請け負ったプロジェクトのコンセプトを正確に理解する能力が必要です。その能力を磨くためにもできるだけ多くのプロジェクトに関わることが大切です。今までのプログラミングの経験によって得られる記憶の中から、依頼された仕事と似たようなパターンを思い出すことで、素早いプログラミングをすることができます。

また、システムにトラブルが起きた時にも、経験に従って問題を解決することは、今まで似た経験がない状態からどこにトラブルかあるのか論理的に思考するよりもずっとスムーズに解決できます。経験が多くなると、過去のプロジェクトで起きたトラブルのケースと似ているかどうか、直感的に分かるようになります。また、自分の得意な分野の最新の研究を常日頃からしていたり、今までのプロジェクトの記録をきちんと残しておくと、今後のプロジェクトに活かすことができます。自分の専門の言語以外でプログラミングされた人気のアプリケーションの情報をいろいろ知っておくことで、新しいサービスを作る時にインスピレーションを得ることができます。

フリーのプログラマは、最新のプログラミングの情報について知っておかないと、自分の技術が時代遅れになってしまって仕事をもらえなくなるリスクがあります。そのため、フリーのプログラマが集まった会議が開かれた時に参加して、最新のプログラミングのテクニックについて情報交換をすることが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です