独立するイメージとそのギャップ

フリーのプログラマとして独立するのであれば、仕事が舞い込んでくる状況を最初に作らなければなりません。一般的には、フリーのプログラマは会社員のプログラマよりも多くの収入を得ていると思われていますが、実際には仕事が見つからない為に収入が無い月度があるなど、苦労が絶えません。しかし、成功さえすれば会社員よりも多くの収入を得られることは事実です。それと引き換えに、仕事を自らの実力と営業力で取る必要があり、不況や業界の動向によっては思うように仕事が貰えないこともあります。

また、会社に所属していないということは、昇給もしてもらえない上に、教育も受けられません。昇給したいのであれば、自らのスキルを磨いて、更に大きな金額で契約してもらえるような貴重な人材になる必要があります。そして、教育を受けられない為に、独学でスキルを向上させるしかありません。休日返上でセミナーに参加したり、交流会に参加してコネクションを作り、より多くの仕事を請け負うチャンスにするなど、常に工夫を重ねなければなりません。

自由な時間があることも事実ですが、これは仕事を納期にさえ間に合わせればいいからであり、多くの仕事を低額で請け負うことになれば、会社員の時よりも労働時間が増える場合もあります。一般的に抱かれているイメージは、あくまでもフリーとして成功している人物のイメージです。成功する為には、常に努力を欠かさないことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です