フリープログラマの働き方と担える役割

フリープログラマとして仕事をしていく生き方には様々なものがあり、その事業の行い方によって果たせる役割が大きく異なります。企業の依頼を受けて必要とされているアプリケーションやソフトウェア等の開発を行うというのが典型的な仕事の行い方です。特に一般企業ではそういった開発を担えるプログラマを抱えていないことが多いため、Webプログラミングやアプリ開発等の需要が高い時代となっていることから、そういった企業で需要に応じた開発を担う役割の存在として重宝されています。

しかし、必ずしもそういった請負人をするだけが仕事の道ではありません。プログラミングの技術があることによって自分で企画を考えてアプリケーション等を開発していくことも可能であり、それを販売したり配布したりすることによって収入を得ていくこともできます。個人の立場にあるからこそ企業のように利益を追求していては開発できないソフトウェアを開発できる場合もあり、視点の持ち方によって企業ではできない役割を果たしていくことができます。

個人でソフトウェア開発を行った場合、企業に比べるとユーザーの声を聞いて速やかにバージョンアップを行っていくことが容易であり、よりユーザー視点で使い勝手の良いソフトウェアを生み出せるというのがその代表例です。このように異なる形で収入を得て活動するフリープログラマがいますが、それぞれが異なる役割をもって活躍することができています。
詳しくは、プログラマの仕事の醍醐味の他、フリーランサーとして活躍するための仕事術についても記載されているこちらのサイトを覗いてみるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です